AGAの前兆?頭皮のかゆみ

AGA治療
↑AGAになったならじっくり治していきましょう

AGAの症状として、頭皮にかゆみを生じたりフケが出たりということはありません、AGAは、毛乳頭に変化した男性ホルモンが抜け毛のシグナルを出し、毛周期とは関係なく健康な髪の毛まで抜けてしまうことで、薄毛となってしまいます。
AGAの症状には、かゆみという症状は直接的な関係はなく、かゆみにより、AGAの症状が悪化するということもありません。
AGAには直接的な関係はないものの、頭皮のかゆみを放置することによって、毛髪にダメージを与えてしまう原因となってしまう場合があります。
頭皮がかゆいということは、炎症を引き起こしている可能性が高く、また、痒みにより、頭皮を傷つけてしまうということもあります。
頭皮のかゆみの原因として、食べ物によるアレルギー、肌質に合わないシャンプーの使用、皮脂の過剰分泌、間違った髪の毛の洗い方、ヘアカラー剤、パーマ剤の使用による頭皮への刺激、シャンプーの濯ぎが不十分、シャンプーのしすぎによる頭皮の乾燥、紫外線によるダメージなどが痒みにつながっている可能性があるので、脂漏性皮膚炎には早い対処が必要です。
また、頭皮湿疹や脂漏性皮膚炎を引き起こしている可能性もあります。脂漏性皮膚炎は頭皮に余分な皮脂がたまることで、かゆみを引き起こします。さらに、毛髪の健康が損なわれるため、抜け毛が増えやすくなります。
AGAを発症している場合には、脂漏性皮膚炎を患ってしまうと、余計に抜け毛が増えてしまい、薄毛の症状を悪化させてしまうので、早めの対処をする必要があります。
かゆみの対策をし、頭皮の炎症を引き起こさないためには、洗浄する際に指の腹で優しく洗浄し、熱すぎない皮脂を溶かす38℃のシャワーで洗い流し、界面活性剤を使用しないシャンプーを使うことが大切です。
シャンプー剤が残らないように念入りにすすいで、頭皮を落としすぎないようにシャンプーの回数も一日一回にすることが大切です。

ロゲインで頭髪を復活させよう